TRiSTAR
TRiSTAR
TRiSTAR
TRiSTAR

OUR MISSION!

op runner トップランナーの その先へ トップランナーの その先へ

自分の専門分野をひたすら深めていくのが、これまでのトップランナー。
TRiSTARが目指すのは、その専門分野の先にあるポテンシャルを引き出し、
分野や業種などのあらゆるボーダーを超えて、新たな価値を創造していく研究者の育成です。
それこそが、次世代のトップランナーへつながる道であると私たちは考えます。

それぞれの分野を極めた研究者が互いに交流することで、分野を超えたトップランナーになっていく。
多様な分野で先進的な業績を残したレオナルド・ダ・ヴィンチのように。
そんな研究者が一人でも多く増えていくことを、私たちは理想としています。

一見、何の関係もないような研究が、思いもよらなかったシナジーを発揮してまったく新しい展望を生み出していく。
そこには、新たなキャリアパスも開けてくるかもしれません。想像するだけでもワクワクしませんか。
時代の最先端をいくトップランナーが、さらに先へと進む力になる。
そのためのプログラムがTRiSTARです。

ransborder トランスボーダーで 新たなワクワクを トランスボーダーで 新たなワクワクを

20世紀の研究者は細分化することで学問を深化させました。
それは一方で分野間の分断の要因になりました。
これまでの各分野で進化させてきた学問を融合し、
新たなイノベーションを生み出すのが21世紀の学問のかたち。
それはいわば研究2.0と言えるものです。

TRiSTARは、さまざまなシーンで立ちはだかる壁を超える力を養うためのプログラム。
研究者にとって最適な育成スキームを開発するために、
独自に進化していくアジャイル型を採用し、
トランスボーダーする研究者をバックアップします。

分野を超えていくことで、研究者自身も気づいていない
新たな可能性を広げていけるように。

sukuba “つくば発、世界初”が 生まれる場所を目指して “つくば発、世界初”が 生まれる場所を目指して

日本の研究力低迷という深刻な状況に本気で向き合い、
世界に通用する研究者育成プログラムとして日本に定着させること。
同時に、つくばを起点に一流の研究者たちがいきいきと研究に没頭し、
互いに交流するなかで自然発生的にイノベーションがおきるようなワクワクする場所を創りだすこと。
それがわたしたちが果たすべき使命だと考えています。

TRiSTARはその使命を果たすための答えのひとつです。
我が国最大の研究開発拠点として、産官学の3つの連携に大きなポテンシャルを備えている環境を存分に生かし、
次世代のトランスボーダー研究者育成プログラムの確立を目指します。

世界中の優秀な研究者がここを目指して集まり、これまでにない成果が生まれる。そんな未来を信じて。

TRiSTAR

トランスボーダー研究者とは

トランスボーダー研究者とは

TRiSTARが育成を目指す「トランスボーダー研究者」とは、自身の専門性の追求の先に、分野や業種の壁を超えた新たな展開可能性を見出すことができる研究者です。
TRiSTARでは、オリジナルで先端性を持つ研究を長期的なビジョンを見据えて深化させていく「専門深化力」、専門分野が持つポテンシャルから異分野融合や産学連携など他分野/他業種との共創を導き出す「俯瞰力」、将来ビジョンの下で研究グループを立ち上げ、個を伸ばして牽引していく「マネジメント力」の3つの力醸成し、次世代に活躍するトランスボーダー型研究者を育成していきます。

トランスボーダー研究者とは トランスボーダー研究者とは

プログラムの取り組み

プログラムの取り組み

  • トランスボーダー型
    研究者育成の取り組み

    • 1

      国内外一流研究室派遣

      国内外一流研究室での共同研究実施による世界をリードする研究者(研究チーム)とのネットワーク構築

    • 2

      異分野共創研究

      専門とは異なる学問分野との共同研究実施による社会・産業実装等を見据えた新たな研究の展開

    • 3

      産学連携支援
      (Cutting-Edge in Campus: CEiC)

      民間企業との共同研究と
      人材育成文化の共有の場

  • 次世代PI育成のための取り組み

    • 1

      MIRAICLE(次世代PI養成講座)

      ラボマネジメント、研究PR、知財戦略等、次世代をリードする研究者に必要な知識・スキルを身に付ける講座群

    • 2

      トランスボーダー
      サイエンスキャンプ

      多様な背景を持つ研究者や企業人との合宿形式の交流により、異分野融合や、社会・産業実装等の新たな研究の展開の芽を育む

  • 研究環境向上のための取り組み

    • 1

      研究時間創出を目的とした
      業務DX(茨城大学との連携)

    • 2

      ダイバーシティ&インクルージョンの強化に向けた
      研究環境の改善(お茶の水女子大学との連携)

    • 3

      トランスボーダー型研究者育成に対応した研究支援スキルの向上

研究環境向上のための取り組み 研究環境向上のための取り組み

体制と参画機関

体制と参画機関

運営体制

コンソーシアム参加機関が一体となって研究者育成プログラム開発・実証を推進するため、実施機関の実施責任者等から成る「コンソーシアム協議会」をヘッドクオーターとして設置します。研究者育成プログラム内容の企画立案とその実証は、本事業全体を統括する「プログラム統括(PM)」の下に活動する「ワーキンググループ」において、URA等の高度専門人材を中心に進めます。研究者育成プログラム全体の評価・改善は、「プログラム強化委員会」が担い、その活動内容は「アドバイザリーボード」が必要な助言等を行います。

体制と参画機関 体制と参画機関

全国的な連携

本事業の他の選定機関(京都大学、広島大学、東北大学、名古屋大学)及び「総合支援事業」選定機関(JST)と積極的に情報交換を行い、本提案による研究者育成プログラムの開発状況や効果について情報提供すると共に、他機関でのグッドプラクティスを能動的に取り入れます。
その他、実施機関においてこれまでに実施されてきた研究者育成の取組についても連携による取組を「MIRAICLE」の科目に取り入れ活用していきます。

参画機関