MESSAGES

MESSAGE
  • Message from the President

    つくばは、我が国最大の 研究開発拠点として、 大きなポテンシャルを持っています。 つくばは、我が国最大の 研究開発拠点として、 大きなポテンシャルを持っています。

    つくばは、我が国最大の 研究開発拠点として、 大きなポテンシャルを持っています。 つくばは、我が国最大の 研究開発拠点として、 大きなポテンシャルを持っています。

    筑波大学は、科学技術の振興と高等教育の充実を目的とした国家プロジェクトとして建設された筑波研究学園都市の中に、1973年に新構想大学として設置されました。本学では、その後の我が国の大学を変革する様々なシステム改革が行われてきました。たとえば人事制度です。講座制を持たず、所属する研究者のすべてを独立研究者と位置づけ、自由な環境下で新たな研究分野を次々と誕生させてきました。また本学は、平成6年度に欧米型テニュア・トラックシステムを日本で初めて導入して以来、現在に至るまで制度を改善しながら若手の研究力強化を進めてきています。平成25年度からは、文部科学省「研究大学強化促進事業」の支援を受け、若手研究者が一定期間海外で研究を行う「国際テニュアトラック制度」を導入しました。
    つくば地域には、29の公的な研究・教育機関をはじめ、およそ150の民間の研究機関・企業等が立地しています(令和4年1月現在)。2万人の研究者が住み、住人の10%が博士号取得者というつくばは、我が国最大の研究開発拠点として、大きなポテンシャルを持っています。それぞれの研究機関に課されているミッション、目的等の違いを越えて、つくば地域全体がまた全体として、ポテンシャルを発揮することが期待されています。
    本事業では、本学の国際テニュアトラックの取組みと実績を活かし、大学、国研、企業が連携し、設置形態、研究分野、業種の壁を超えた知の創造とトランスボーダー型の若手研究者育成を実施してまいります。

    プログラム統括責任者
    筑波大学長 永田 恭介

  • Message from the Vice President and
    Executive Director for Research

    異なるものが若い研究者の頭脳の中で 混ざりあうことで、これまでにない 発想が育まれると期待しています。 異なるものが若い研究者の頭脳の中で 混ざりあうことで、これまでにない 発想が育まれると期待しています。

    異なるものが若い研究者の頭脳の中で 混ざりあうことで、これまでにない 発想が育まれると期待しています。 異なるものが若い研究者の頭脳の中で 混ざりあうことで、これまでにない 発想が育まれると期待しています。

    研究学園都市つくばのポテンシャルを最大限に生かし、従来の学問の枠、文化の枠、社会の枠に囚われないトランスボーダー型研究者を育成します。若い時期に分野の壁、国境の壁の向こうにある最先端の研究の場に身を置き、多様な思考、技術、環境に触れる中で、心の中にある枠を取り払い、自由な発想を展開する力を身につける機会を提供します。そのような経験を通し、①「専門深化力」、②「俯瞰力」、③「マネジメント力」を備えた研究者を育成します。
    国内や海外の一流ラボでの共同研究を通じて国や文化の枠を乗り越え、異分野の国研研究室との共創研究を通じて学問分野の枠を乗り越えます。さらには、大学×国研×企業の共鳴場としての先端的戦略構築拠点(Cutting-Edge in Campus: CEiC)の設置により先端技術に根差した産学共同研究に取り組むことで、アカデミアと企業文化の壁を乗り越えます。異なるものが若い研究者の頭脳の中で混ざりあうことで、これまでにない発想が育まれると期待しています。
    50年後、100年後の世代にどのような地球を引き継ぐことができるかが問われています。未来の地球の運命を担う若手研究者が、トランズボーダー型研究者へとして成長していく過程を、大学、国研、企業がタッグを組んで、システマティックに支援していきます。

    プログラム実施責任者(代表機関)
    副学長・理事(研究担当) 和田 洋

  • Message from the Director

    このプログラムを通じて、 新たな可能性にチャレンジしてみませんか。 このプログラムを通じて、 新たな可能性にチャレンジしてみませんか。

    このプログラムを通じて、 新たな可能性にチャレンジしてみませんか。 このプログラムを通じて、 新たな可能性にチャレンジしてみませんか。

    私にとって「学問」とは、字のごとく“学び”そして“常に問いかける”ことです。真実はどこにあるのか、本質は何なのか、まだ誰も考えていないような可能性はないのか、私はこのような問いかけをしながら40年近く宇宙物理の研究を続けてきました。ミシュランガイドによれば、1つ星レストランは、指定されたカテゴリーで美味しい料理を提供するレストランで、3つ星レストランは、わざわざ訪れる価値のある総合的に卓越した料理を提供するレストランだそうです。私は、専門である宇宙物理でいわば1つ星レストランを目指して研究を行ってきましたが、この10年は、生命や医学との異分野連携を始め、3つ星レストランのように総合的に卓越した研究を目標としています。本プログラムの愛称であるTRiSTARにも3つ星の意味がありますが、プログラムが目指す「トランスボーダー研究者」とは、自らの専門性の深化の先に、専門分野が持つポテンシャルから分野や業種などの壁(ボーダー)を超えた新たな共創を生み出し、これまでにない研究の流れを創出できる研究者です。様々なボーダーを超えた展開可能性の追求の中で、新たなキャリアパスも見いだせるかもしれません。このプログラムを通じて、新たな可能性にチャレンジしてみませんか。

    プログラム統括
    若手研究者育成支援室長 梅村 雅之